2017年06月16日

知識としての「きらきらぼし」


 今年もまた梅雨入りし、同時に暑くなる日も出て来るようになりましたね。読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 春にはこの近辺でもつくしが見られたというお話をしたことがありましたが、こちらでは夜になりますと星々もまたよく見えます。

 先日は「きらきらぼし」という童謡を歌ったりしていましたが、歌詞の中には「きらきらひかる おそらのほしよ」というところがあるのですけれど、「おそら」というところでは、歌詞があやふやだったこともあり「夜空の」などに変えて歌った時にも充分に良く聞こえました。

 ここのところでは、"人が持つことになる知識をもっと良質なものへ変えて行きましょう"という提案をさせていただいていましたが、日本の童謡でのきらきらぼしの歌詞は、星々がみんなを見ているという内容のところがありまして、そこにだけは、大多数の人々にとってはそれをそのまま受け取っても可愛いとか嬉しいなどの幸福で良い印象しかないと思いましたが人によっては違和感を持つような感じもしないでもなかったのですけれども、人が持つ知識にするには良くないというところはありませんし、先ほど書きました私の変更はハプニング的なことからでしたが「おそら」のところをその人なりにいろいろと幸福で素敵な内容へも変更することも出来るもので、こういったことは音楽作品の他の多くの歌詞にも言えることですね。

 それではメールマガジンの次号には、核兵器の廃絶へ向けてということで中性子爆弾(の危険性)についてなど書いてみたいと思っています。皆様もそちらの方もまたご覧になってください。
posted by Shinhime at 08:27| ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

緊張はハプニングを生む


 朴槿恵韓国前大統領逮捕のニュースがありましてから約2ヶ月が経ち、つい先日は、朴さんの支援者でいらしたチェ・スンシルさんの娘さんのチョン・ユラさんもまた逮捕されることになったそうですね。

 これで朴さんと支援者のチェさんとその娘さんがまとまって逮捕されたということになると思うのですが、韓国では例えば日本などよりも集団での要素というものが強くなるようで、新しく大統領になられました文在寅さんは、朴前大統領へは執行猶予でなく実刑判決をとの強い圧力を検察にかけていらっしゃるとの記事をお読みしたことがありましたが、このことも文大統領と彼だけでなく支持なさっていらっしゃる方々によることらしく、ここでもまた集団での行動が見られました。

 これらの出来事では、集団でまとまって訴追されるとか集団でまとまって圧力をかけるということになっているのですけれど、日本でであると、韓国より"個人で"ということもまた多く見られると思うのですが、日本などではトップの方だけが逮捕されるなどしましたり、圧力をかけるような場合にも、結果的には集団として行われることになるといった時にも、例えばトップの方がそのように仰るからとして賛同者がついていかれるという風な状況も韓国よりも多く見られ、韓国ほどには集団としてまとまってということにはならないのではないでしょうか。

 それにしましても状況というものは、それが集団としてのことであっても個人のことであっても、(平らかにしているとそのようにはならないのに)緊張を高めて行くとあるいは緊張が高まると、思いも寄らなかった出来事や結果が生じやすくなるものですね。

 緊張を高めたり緊張が高まることによって思いも寄らなかったような出来事が起こり、またそのことが幸福な結果に繋がるケースと病気になったり事故に遭ったりすることも含みますのでそうではないケースとがあり、緊張を高めることによって生じるハプニングには良いものとそうではないものとがあると思うのですけれども、韓国のように集団としてまとまって物事を行い進めて行くといった要素が強いと、一つの状況などにもそこに注がれる力もまたより大きなものとなるのでしょうから、そのように集団でまとまって行うことも多く個人としてのケースよりも大きな力が注がれやすくなる国であるとしたなら、韓国では、集団となって大きな力を注ぐことによって緊張を高めてしまい、その結果生じやすくなる思いも寄らなかった出来事というものが幸福なものとなったり幸福な結果に繋がるように努力なさるということもまたよりいっそう大事になるのでしょうね。

 そして、勿論個人としてのことにも緊張を高めるとハプニングが生じやすくなる仕組みは同じように働きますので、より集団性が低いと思われます日本でのことにも同じようなことが言えるのですけれども、別の表現を使うとしますと、物事を平らかにしておくと思いも寄らなかった(より)幸福ではない出来事が生じる可能性を低くすることが出来ますので、思いも寄らなかったことにならないようにしようとする時には、状況等の緊張を高めないようにしたり高まらないようにして平らかになるようにしておくということがやはり有効なものとなりますね。
posted by Shinhime at 07:22| 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする