2017年08月28日

国民性と食物の関連について


 先日は各世代によってそれぞれ異なって存在し、エゴや精神の深層にある(無)意識とそれによって成る状態とそのことへの遠隔ヒーリングについて書かせていただきましたメールマガジンを発行しましたが、そういった世代ごとの意識や状態は流行を始めとする社会での出来事へも影響するというところでお話ししましたようにビッグデータなどにも表れるものと思います〜世代ごとの意識や状態も行動を始めとして何らかの現象となって現れることがあるため〜。

 ビッグデータのことでは、発表の主旨とあまり関係が無いことから書かなかったことがありましたが、ビッグデータには世代ごとにそれぞれ異なって存在している意識や状態以外にも様々な物事が表れるものと思いますけれど、例えばデータに表面化して表れる前のいわゆる種の状態にある物事に関しましてはその誕生や発展についてなども表れないし見られないのだろうということも思いながらメールマガジンを書いていたのですけれども、ビッグデータの活用に関しましては既にそういったことへの批判もあるようですね。ビッグデータ上に表れることのない物事があるとしたなら、例えば活用して行われる犯罪予測にも限界があるということになりますし、まだ種の状態にある物事が関わる犯罪に関しましては計算間違いですら生じることもあり得ることになりますので、、

 そのような種の状況にある物事についても知りたいという時には、古くから在る方法ですが超感覚的知覚を開発するのが良く、またそうするとビッグデータから知る時とはまた違った風にしてということになるかと思いますが、形となって表れる前の段階にある事柄についてもあらかじめ察知したり良く知ったりすることも出来るようになることと思います。

 先日のそのメールマガジンで発表いたしました各世代によってそれぞれ異なって存在し、エゴや精神の深層にある(無)意識とそれによって成る状態は私の発見によるものなのですが、そういった超感覚的知覚によることでもありまたもっと軽い発見の、国民性と食物との関連について発見したように思うことがありますので本日はそのことについて書かせていただこうと思います。

 日本では、和食の味を決めたりするもので、日本人であれば毎日のように食べていると思われますお味噌汁のおだし汁を作る時にも良く使われますかつお節には毒が含まれるからとEUにおいては輸入禁止とされているという記事を以前にお読みしたことがありましたが、最初にそういったEU諸国を含む西洋圏の方々とそこでよく使われるバターとの関連についてお話ししてみようと思います。

 西洋圏では例えば日本などでよりもバターが料理に多く使われたり良く食べられているようですが、バターは物質的な側面やエネルギーから思考(の継続)を支えたり後押ししている食品でありまたそうすることが出来る食品と思います。西洋圏の特に欧米諸国の方々には思考に(た)よる生き方をしていらっしゃる方はとても多いと思うのですけれど、バターはそういったことを支えていると思われ、バターはそれを良く召し上がることで思考をしやすくし、思考を継続して行うという点でもそれを後押しする力をとても持っている食品と感じられますのでとても上手く出来ていると思います。

 またそのように良かったと思われる反面、同時に気になることがあるのですが、西洋圏の方々が経験しがちな経験の中の幸福ではない方の経験には、他の方々のケースにはない壮絶さが見られがちと思うのですけれど、西洋圏の方々が頼みにしておられます思考というものは基本的に考えが続くものですし、またある程度長く継続して考えることを続けないと真の意味で役に立つことはもあまり無い機能と思うのですが、思考はそのように続けることによってむしろ素晴らしくより望ましい結論を出すことが出来たりもするものということを思いますと、そのように思考が執拗に続くという点が幸福では無い方の経験を壮絶なものにしてしまうことがあると思われ、バターを良く召し上がることによって思考的生き方が支えられ後押しされることは西洋圏の方々にとって素晴らしく良いことではあると思われた反面、思考が執拗なものにもなるということで不幸が壮絶なものになりがちとなる〜続けず途中で中断していればそうならなかったことでも、続けたことで壮絶なものになってしまうという感じでしょうか〜ということを考えますとどうしたら良いのかななどと考えてしまいました。

 中性子爆弾の危険性について先月書かせていただきましたブログのより良い変化の狭間期に関する注意のところにも書きましたようにスピリチュアル性が開かれて行く時代になっていますので基本的には安心して良いとは思いますが、自分自身の核の部分からの爆発的な意識やエネルギーを使用して物事を実現出来るようになっているからこそ、思考の執拗さから壮絶なほどの幸福では無い経験を実現してしまうといったことがこれからはもっと少なくなったり無くなると本当に良いですね。これまでのところでは、主流の生き方としまして、思考が執拗なものであると同時にとか執拗であるからこそ思考を手放すようにして絶ち、天とか宇宙的な愛と叡智にすべてを委ねるといった風な対処も行われて来ているようですけれど、そういった方法以外にも思考が執拗なものになってしまうために幸福ではない経験が壮絶なものにもなってしまうことを回避するための新しくより良い解決法を発見なさられるというのも冒険的で楽しいことなのではないかと思います。

 そして次に日本人と食物の関連についてのお話としまして、和食にはよく使われ、また欠かすことの出来ないかつお節が毒が含まれるからと食べてはいけない食品として指定されるほどのかつお節が使われるという国が日本と思うのですが、結論から言いますと日本人にはEU諸国の方々よりも(かつお節の)毒は大丈夫ということなのではないかと思います。かつお節に含まれます発がん性物質の「ベンゾピレン」の含有量はEUの基準を超えているそうでしたが、日本は欧米諸国よりも悪にも深みがある国であり、そういった国民性が体質をも形成する側面があるため、日本人にとってはかつお節の毒もそれ位であれば体質的にも大丈夫ということではないかと思いますし、欧米諸国の方々は国民性が日本とは違っていて難が生じる可能性もあるため、国民性が日本人のようになられない限りかつお節を召し上がらない方が良いとも思います。

 かつお節が、日本を含むアジア地域の悪には深みがあるということからEU諸国の方々には駄目でも日本人には大丈夫ということではないかということを考えていましたら、怖さも感じますし不謹慎なことなのですが何か可笑しい気もして来るのですけれど、そのように少し毒のある表現とは思いますが、先ほど超感覚的知覚を開発すると良いとお話ししましたが、そうする時には同時に霊性を高めるかエゴを無くすようにして行かれませんと黒魔術(このことは毒を含みますよね)に使ってしまうことにもなりかねないため、そのようになさる時には霊性を高めて行くこともお忘れ無きように、、またバターはインドで非常に多く食されているらしく、そういったこともあって暑い国にもかかわらず思考がとても使えて活発化もし、コンピュータの分野では先進国になれたのかなと思いました。

 もうそろそろ今年の8月も終わってしまいますね。それでも毎日とても蒸し暑い日が続いていますので、皆様もご体調にはくれぐれもお気をつけてお元気にお過ごし下さい。
posted by Shinhime at 00:13| 日本と世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

前回の補足


 前回にはバランスの取れている答を知る方法のことを書きましたが 実際の出来事でそのようにすることの良い点を挙げるとしますと、例えば喧嘩をした時などに、出来る事なら関係する方々全員がそうなられるのが最も望ましいとは思いますが少なくともその方だけでも心から安らいだり満足することが出来るような答を得ることが出来るということが挙げられると思いますし、またそのように喧嘩をしたケースも含めて関係者それぞれの意見が大きく異なっているといった場合でしたら、どの方のご意見を優先すれば良いかと迷われることがありましたら、各人を同じく第三チャクラあたりに入れ〜あるいはそうなっているようにイメージなさり〜後は答として優先すべき方が浮かび上がってくるのを待っていると優先すべき方がはっきりと分かって来ますのでやはり良い方法としてお勧めしたい方法と思います。

 この方法を使いますと情報を入れた後は宇宙の叡智が計算して下さるということでもありますので、数多くの時と場合におきまして各個人の詳しい意図などを頑張って奮闘して把握する必要も無く、少なくともその方自身が満足することが出来、またあらゆる面が考慮なされていてバランスが取れているために幸福な結果が生じやすくなる答をとても楽に知ることが出来ます。

 それではお天気のお話になりますが、こちらでは最近になって、真夏なのに雨が降るということもよくあり、暑いのですけれども涼しい夏でもあるという気がしています。皆様がお住まいの所はいかがでしょうか。

 涼しい夏というのも過ごしやすくて良いですのでこれからもそうあってくれたら、、と思うなどしますが、いずれにしましてもご体調には充分にお気をつけられ、お元気にお過ごし下さいますように。
posted by Shinhime at 18:43| スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

バランス良い答を知る方法


 昨日はお休みだったのですが、空模様が曇りがちだったこともあって少し涼しいように思っていましたら、午後の遅い時刻になると今度は雨が降って来ました。蒸し暑い夏の季節でも晴れてはいない時はやはり少し涼しくなり、過ごしやすくて良いですね。

 読者の皆様は例えば迷われた時などにはどのようになさっているでしょうか。そういった迷った時などに答を得るのにもいろいろな方法があることと思いますが、本日はバランスの取れた答を知るための方法をご紹介してみたいと思うのですけれども、それは、第3チャクラ(身体で言うと胃のあたりにあるチャクラ)のあたりへ、既に知っている情報かあるいは集めるべき必要な情報のすべてを入れて〜超感覚的知覚があまり開かれていない方はそうなっているようにイメージしてということでも大丈夫と思います〜、しばらくして答が浮かび上がって来るのを待つという方法です。私が考え出し時折使っている方法ですが、第3チャクラは自分自身がこの宇宙で何者なのかといった宇宙的な叡智と繋がっているチャクラであることから、このようにしますとあらゆる面が考慮されたバランスの良い答を得ることが出来ます。

 そしてそのようにして得た答に従った時には、それが宇宙の叡智と繋がった精神的作業となることからの答であるため、他者も関わる事柄であるならその方々もかもしれませんが少なくともご当人自身の感情的にも多くの面で満足出来る結果となるようですし、またそのように宇宙の叡智と繋がっての作業となりますので様々な側面を持つことのある情報というものの取捨選択に関しましても頭を悩ませることもなく、とりあえずすべてのあるいは出来るだけ多くの必要な情報を入れてしまってスイッチを押す、、みたいな感じの方法ですのでお勧めしたい方法です。

 今は夏ということで少し涼やかになるかもしれない話題としまして、そのように例えば迷った時に答を得るためにということで、子供の頃、学校では友人とこっくりさん:ヴィジャ盤をすることが(私にも)ありました。

 私にとっては怖いものでもありましたのでやはりお付き合いで行っていたというところが大きかったことなのですけれども、ヴィジャ盤では文字を書いて行いますので、その時のことを思い出しながら電子機器のキーボードを見ていますとふと、そう言うと手や指も使って行いますし何か似ているな、、などと多分くだらないような連想も浮かびましたが、そのように怖かったヴィジャ盤も学校を卒業してしまうとお付き合いででもしなくて良くなりやはり良かったと思います。学校はお付き合いで何かを行うということもまた多くなる場所ですものね、本当に。

 お話がどうも大分違った方向へ進んでしまいましたが、雨が降ったりすると少し涼しくなったりもするとは言え、今年の夏は大変暑くなるというお話もお聞きしましたので、皆様もお身体には充分にお気をつけて、熱中症などに罹ったりすることなくお健やかにお過ごしください。
posted by Shinhime at 06:59| スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする