2017年12月28日

今年もありがとうございました


 先日は、今年ももう終わるといった頃に生じました愛媛県に在ります伊方原子力発電所の運転を巡る出来事について書かせていただきましたが、昨年の秋頃に書かせていただいたことがありました東京都の豊洲市場を巡る問題に関しましては、つい先日、豊洲市場の開場が来年秋となることが決定なされるなどし、こちらの方も今年が終わる頃になっていよいよという風に進展なさいましたね。すべてが完全にそして出来ることでしたら早い内にもご解決なされますことを心から願っています。

 そして本日は今年最後のブログ掲載となりました。今年も大変お世話になり、本当にありがとうございました。2018年も皆様にとりましてお幸せな良いお年となりますように私もお祈りしています。

 毎年開催されるお祭りだそうですが、来年は2月10日から3月10日まで、ここから少し離れた所に在ります賀茂郡河津町という所で、早咲きの桜として有名な河津桜のお祭りが開催されるそうです。読者の皆様も、もしもよろしければお誘い合わせの上可愛らしい桜を見に、こちら伊豆地方へもお越しになって下されば、、と思います。

 それでは新年は1月4日(木)から業務を開始させていただきます。2018年もヒーリングルーム・スペースラブをご愛顧下さいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by Shinhime at 05:09| 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

クリスマスの贈り物


 日本では今年ももう終わるという頃になり、愛媛県に所在なさいます伊方原子力発電所の運転差し止めの仮処分を行うという判決が広島高等裁判所によってなされましたね。この度の決定は、なんでもその原子力発電所から約130キロ離れた所に在ります阿蘇山(熊本県)が大規模に噴火した場合が想定なされて、その時に発生します火砕流が海を越えて到達する可能性を考えてということからのものだそうですけれども、今年は私もこちらのブログに予測がもたらす新展開について書かせていただいたということが春頃にありましたが、この度伊方原子力発電所の運転に関しましてはそのような予測がなされて、またそのことが日本の一つの原子力発電所を稼働させなくする決定に繋がったということにはやはりとても驚きました、、噴火して火砕流が到達するかどうか分かりませんけれども、被害が及ばないことは勿論望むこととしまして後はこのことも良いように解決なされたり和解なされますことを願っています。

 本日は、お知らせしていました各世代によってそれぞれ異なって存在し、エゴや精神の深層に存在しています(無)意識とそれによって成る状態についてのメールマガジン次号の発行が年内には間に合わず来年になってしまいそうということから、本日はクリスマスイブのイブで、日本ではクリスマスにはそれなりにお祝いもなされるようですし、そのため日本の皆様へ私からもクリスマスの贈り物をさせていただこうと思いましたので掲載させていただくことにしました。

 私からのクリスマスの贈り物と言いますのは、私が次の人生で誕生することになっていますインドにおいて、今では性的暴行事件が多発するようになってしまったということに関するお話のことなのですけれども、次号のメールマガジンでも、各世代によってそれぞれ異なって存在し、エゴや精神の深層に存在しています(無)意識とそれによって成る状態が個人の過去の経験と完全に結びついているものであるということに関しましても一つの項目を設けてご説明させていただいていることもあり、現代インドが性的暴行事件多発国として世界に広く知られるようになってしまったことがどのように過去の経験と繋がっているかについてお知らせしましたら良いように思いついたことから掲載させていただくことにしたのですけれども、今からまだそれほど遠くない過去の、おそらく前世紀の終わり頃の、私も既にこの日本に誕生して以降に始まった流れと思われることについてまず先にお知らせさせていただきますと、現代インドで少なくとも比較的多くの男性の心(存在)の深い部分が性的暴行事件を多発させてしまうような状態になってしまった結果に関しましてのこととしては、最初にそのようになられます結果のいわば種を植え付けてしまわれましたのは実はインドの女性だったと思います。

 地球では今世紀になるまでの2000年の間、イエス・キリストが贈り物として持って来て下さいました"愛(すること)が最も重要なこと"という意識や見方を学んでいたということからと思われる出来事があるのですけれども、それは、今からそう遠くない過去のインドでは、女性の方から「(だから)愛し合いましょう」ということだったのでしょうか、前世紀の流れや背景を思いますとそういった表現が合うような行動になっていらしたのではないかと思われるのですが、男性は当初あまりそのような雰囲気では無かったと思いますけれども女性の方からは男性へ非常に強いアプローチが継続してもたらされていたように思われることです。

 なんと言いますか、、現代インドで男性が性的暴行事件を多発させてしまわれるようになってしまった結果の、そもそもの最初の原因としましてはそれがまずは女性の方からなされたことだったということなのですが、そういったことや経緯を拝見しますと、インドでは男性は、自分たちは最初そうでもなかったものの、女性からのアプローチをしっかり受け止めたということが分かって来ますし、女性を受けとめたからこそついには行き過ぎた行動に出るまでになってしまわれているということなどが見て取れると思います。勿論性的暴行は決してしてはいけないことですけれども、そういったことを拝見しましたら、インドの男性はなんとお優しいこと、、という風に思われました。インドでも男性上位の社会が形成されているようですが、男性上位社会と言いますと強面のものもあると思いますけれどもインドでのものはお優しいところが多分にある男性上位社会のようですね。

 そして先程に、過去行われましたインド女性によるアプローチに関しましては「(だから)愛し合いましょう」ということだったのではないかという風に書かせていただいていましたが、インドは思想的に"人間もあるいはまた自分たちも神になれる"という考え方を持つ国(民)だそうですので、女性からのアプローチにはそういった神にもなれるという要素もまた含まれていたのではないかと思われたり、男性に生じられました現代において実った変容の結果にもまたそういった思想が関係しているようにも非常に思われたりし、そしてまたそのことがインド独特の結果を生じているといったさらなる新しい結果にも繋がっているようにも思われたりしています。

 今回お知らせさせていただいていることについては私も簡単な経緯しか知らないのですけれども、インドで性的暴行事件が多発するようになってしまいましたのはまずは女性からそのようになられますように男性へアプローチがなされ、男性はそれらを受けとめている内に今のようになられますように変容してしまわれたということと思われるといったお話をさせていただいているわけなのですけれども、今年はまた食物のバターの効能としまして思考を継続させられるようになるということもお知らせしたことが、このことは夏頃でしたでしょうかありましたが、インドの方々はバターをよく召し上がるということで、男性が今のようになってしまわれましたのにはよく召し上がるバターによる効果として、男性が女性のアプローチを受けとめていらっしゃる内に思考が継続してそちらの方面へと注がれることとなり、思考することが持つ危険性の一つとしてあると思われます例えば現実離れした妄想を持つようなことを促進したり援助するような形となり、そういった妄想とは例えば(女性からアプローチを受けていたということから)女性が(そう)望んでいるというものその他の内容のことですけれども、インドの男性のケースではそのような沢山の妄想が存在している所・段階にまで至ってしまっているということで現代インドはそのようになってしまったということもまた思われたりしましたが、ここからは、インドですのでクリスマスの贈り物としては今一つどうかとは思いましたけれどもやはりインドの方々へも贈り物にさせていただきたいようなお話ということで、「ただし」というお話としまして、女性は暴行を望んでアプローチをしていたわけではなかったですし、そのことは今も変わっていないと思いますので、スピリチュアルな視点を持つことが必要な作業になるのかもしれないことなのですが、インドの男性の方々は女性が最初から持っていらっしゃりまた送っていらした意図を正確に汲み取るようになさり、原点にもう一度立ち戻られるようにして見直してみられますと良いのではないかなどと思うのですけれども、そもそもは男性が女性にお優しかったからこその今の結果ですので目出度く解決出来る可能性もそうではないケースよりとても高いと思います。

 少しかかあ天下風つまり日本風には、男性へのそういったアプローチに関しましては、実りを迎える種を植え付けることになるのですからインドの女性の方々は後々のこともよく考えてからになさいますと良かった、、という風にも言えたり、暑いからと言って後先のことを考えずに行わないようにしなければならなかったのではないでしょうか、、などと〜少し冗談めかしている表現でしょうか〜言えることとも思ったりしましたが、インドは日本とも関係のある国で日本人にも関わりのあるインド男性に生じた結果ですので、インドだけでなく日本の方々や、またそれから世界の方々のためにも解決していただけますと本当に良いことと思います。

 ここまで書かせていただきまして、このようなインドでのことに関するお話をさせていただきましたのは次号のメールマガジンの発行がもう少し先になりそうであるという予測からということをふと思いましたが、私が行いましたそういった予測は、最初は2017年8月の時点でピーク年齢36歳から37歳にかけての世代のお話などを沢山書かせていただき、また同時に最初から他の事柄についても案がありましたのでそちらを書かせていただいている内に発行が年内に間に合わなくなったというようなことですし、いざとなりましたら最初から書いて来ましたお話を途中までで一旦まとめるようにして発行することも出来るといったどのように行うとしましても簡単な類のことと思いますけれども、最初に書かせていただきました伊方原子力発電所を巡る出来事は、予測の内容も含めて大変な作業だったのでは、、と思いますし、考えて見ますととても重大なことであり決定だったと思いますのであらためて早く解決なされると良いなと思います。

 本日はクリスマスの贈り物ということにさせていただきましたが、クリスマスにはお一人でお過ごしになるような方もいらっしゃることと思いますけれども、読者の皆様も平和で充実したクリスマスをどうぞお過ごし下さいますように。それから本日もまた、先日ブログに書かせていただきましたようにシークワーサーのお茶をいただきつつ書かせていただくことになりましたが、ここのところでは寒さもよりいっそう増して来ているように思いますので、皆様もお身体には充分にお気をつけながらお幸せな年の瀬をお過ごし下さい。
posted by Shinhime at 18:38| 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

今年最大の明るい月


 今年最も大きく見える満月が昨夜は見られましたね。何か6月に同じようだった時よりも明度が3割増だったとかで、、今回はお月様の輝きと同時にオーラが凄いものだったように私には感じられたようで圧迫感までもが少しありましたが、読者の皆様は今年最大のスーパームーン、ご覧になりましたでしょうか。

 同じく昨日には、こちらでは防災訓練の日だったということで、地震が発生したとの想定でメールが届いたりアナウンスが街中に流れたりしていました。

 この近辺に関する近年の地震発生予測としましては、「伊豆諸島沖(こちらにも"スーパ"ーという言葉がついているようですね)スーパー巨大地震」の発生等が予測されているそうですが、私にも、このことはとても微弱にしか分からないことではあるのですけれど、あるいは本当に微弱に、、ということなのかもしれないとも思いますが、こちらでは常々のこととして地面が揺れているようです。巨大地震の予測がそのようになされているということは3年程前に移転して来ました当初からおそらくそうだったのだと思います。

 移転してからのある日にこれはどうも揺れているよう、、と気づいたのを覚えていて、それはおそらく移転して来ましてから半年以内位のまだそれほどには日が経った頃ではなかった時期に分かったのだったと覚えているのですが、いつか止まってしまうのでしょうか。

 いつまでも永遠に続くというものでもなくその内に止まってしまうものなのかもしれませんが、現実には今はまだそういったこともあるようですので、防災も訓練になっている内は良いと思いますけれど、実際にはそのようなことは何事も起こらないと本当に良いですね。ですのでこちらの近辺の方々にとりましては特にということとなるのかもしれませんけれども、やはり読者の皆様も地震にはこれからもどうぞお気をおつけ下さいますように。

 それから年末年始休暇が決まりましたのでお知らせさせていただきますと、今年は12月30日(土)から1月3日(水)まで休暇を取らせていただくこととなりました。その休暇期間中はスピリチュアルエンジェルヒーリング以外の業務をすべてお休みすることになりますのであらかじめご了承下さいますようにお願い申し上げます。

 今年ももう早残り約1ヶ月になりましたものね、、皆様にとりましても今年もいろいろなことがおありだったことと思います。後もう少しとなりましたが、2017年の残りの日々もお幸せな日々をお過ごし下さい。
posted by Shinhime at 12:24| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする