2012年11月29日

Mr.Childrenの(an imitation)blood orangeについて

日本のロックバンド、ミスターチルドレンさんのニューアルバムが発売されたようですけれども、しばらく前から「今年の冬はホットオレンジを飲んで乗り切りたい」ように思っていましたのでアルバム名を好ましく思い、まずは、、と思いまして付属のDVDを観させて頂きましたが、日本のスピリットと一体となられるようにして音楽活動をなさっているように思われます方々と思いますので、そういった観点からすると非の打ち所のないようなアルバムと思いました。

最初の3曲を聴かせて頂きました時には何か落ち着かないような気持ちになりながら聴いていましたのが、最後の"祈り〜涙の軌道"が始まりましたらしっくりと来るような感じで聴くことが出来るようになったのですけれども、それは、最後の一曲だけは桜井さん個人のことに比較的お近い内容となっていらっしゃるように思われることと、その前の3曲は他の方々のことが描かれていらっしゃる曲であるように思われるような曲だったからのように思いました。

そしてその上には、最後の一曲ですら桜井さんのことにお近いのでは、、とは感じられるような曲であっても、どちらかと言いましたら女性向けのメッセージになっているように思いますので、現在ミスターチルドレンさんが行っていらっしゃる主な活動はやはり個人的な必要性や願いを満たすためのものではないことが改めてよく分かって良かったように思いました。DVD以外の他の曲についてはまだ殆ど聴いていないのですけれども、きっとそれらも、創作者の桜井さんの個人的なことについてはそれほど描かれておらず、そのようにして日本の幸福のためにますます創作していらっしゃることを思いますと、この方々が今の日本にいてくれて本当に良かったと思いました。

ただ、非の打ち所がないように思われましたことはそうなのですけれども、ひとつだけもしお出来になるなら、、と思うことが出て来まして、それは、ご自身のことではない他者についての曲をお創りになり、他者の幸福が実現なされるように創作なさいます時でも、ご自身の個人的な必要性や喜びを満たすために以前創作なさっていらしたと思われる頃のように、その方々の最奥のスピリットにまで到達していらっしゃるほどの曲を創って頂けはしないかな、、ということです。今このようにしてお話しさせて頂いています私にもどのようしますとそういったことが出来るかということは分かりませんし、また他者のことであるのにお出来になる事なのかどうかもよく知らないことではあるのですけれども、もしもそのようなことがお出来になるとしましたら、とても多くの日本人が今まで以上に心深く感動なさることが可能となって癒されて行くことと思いますし、またセールスに関しましてもその分必ず伸びて行くように思います。

他者のことであるのにそれぞれの最奥のスピリットにまで到達出来ているような曲が出来るかどうか、それが未知のこととしましても、これからもますます日本のスピリットと一体化なさり、日本人の幸福のために貢献なさりながら活動して行かれる方々と思いますので私も心から応援させて頂きたいと思います。
posted by Shinhime at 23:18| ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする