2015年03月10日

現在の復興に必要な歌

 明日で丁度東北地方太平洋沖地震の発生から4年経ったことになりますね。

 地震の発生から10ヶ月位後に聴いた歌の中に、東日本大震災の衝撃や傷等を癒してくれるように私には感じられる歌が2曲あったことを思い出します。当時はそれらを聴き、涙と同時にショックも流し去っていたように思います。

 音楽は、出来事によって生じたショックや傷を和らげたり癒すことが出来ると思いますが、東北地方太平洋沖地震では例外的な方もいたかもしれませんがあまりにも衝撃が大きく、私のケースでも当初は先ほど書いたような癒しや浄化が起こらず、同じような曲を聴いていたかもしれないのに効果が発生しなかったことを今になって思い出しますと、東北地方太平洋沖地震による衝撃がいかに大きかったかということが改めて分かる気がします。今から思うと、普通に呼吸することが出来ずに変な風に口を開けて息をしている人もよくいたくらいでした。

 もう4年も経ちましたが、これから復興や回復にまだ取り組まなければならない人々のためにも、現在の問題を癒し、今必要な励ましを与え、新たな希望も湧いてくるような歌がまた創作成されると良いなと思います。

 読売新聞の地域ページには、時折"被災地から被災地へ"ということで復興支援に関係のあるイベントや催しについて掲載されていることがあり、静岡という被災地から東北地方という被災地へ(またはその逆方向でも)ということと思い、こちらも同じく被災地ですという表現をするような良い所に移転して来たと思っていましたら、"情報は東京本社宛に送って下さい"と書かれてありましたが、テレビであっても新聞でも離れていても同じく被災地といった報道の仕方はやはりとても良いですね。

 それから、中国の方々へお願いしたいことが出来ましたので書かせていただきますが、中国から発生している大気汚染、なんとかしていただけないでしょうか。このままでは子供たちの健康問題へも響きかねませんので出来るだけ早い解決をお願いしたく思います。
posted by Shinhime at 20:35| ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする