2016年06月20日

梅雨の時期の健康管理


 関東でも少し前から梅雨入りしていますが、こちらではこの時期まだ鶯なども鳴いているようで、朝早く起床してそういった鳥の鳴き声を聞くと、すごい所にいるとかここは本当に自然が豊かなどと実感したりするものですね。

 私はインターネットのクックパッドなどを見ることも結構あるのですが、これまで保存したページを見ていると、同じ時期に採れる食材を使って作る料理がまとまって並んでいて、季節の流れというものをより感じたり、昨年保存した料理を今年また使うことになったといった時にはあれから一年経ったのだな、、と思ったりしています。

 インターネットと言うと、最近数えるために要り用になり、ロザリオをインターネットで検索してみたということがありました。

 ロザリオと言うと長いイメージがあり、私には大体10回くらい数えられる物で良かったのできっと無いだろうと予想していましたが、ネックレスではなく携帯ストラップとしてですが丁度10個の石で出来ている物が販売されていて驚きました。そういった物も最近はあるのですね。

 伊豆は温暖湿潤な気候風土で、この時期になるとハンドクリームを塗る必要が無くなるというのがまた過ごしやすく感じられて良いですが、梅雨入りして大体が暖かいような気がしますけれども、少し寒くなるような時には皆様もご体調にはお気を付けてお過ごしください。
posted by Shinhime at 07:47| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

汚染のように見えたこと


 メールマガジンの最新号では最新の医療技術について書きましたが、医師による治療では、手術の際に使用される薬なども含めて医薬品により、例えば副作用が生じることがありますし、時には生体エネルギーへの影響が見られるということもあります。

 医薬品による副作用については、遺伝子を調べられるようになり、投薬の影響についてあらかじめ知り、副作用を軽減させたり無くしたりすることが出来るようになって来ているとのことですが、この副作用が生じなくなるということはやはり何度思っても素晴らしいことですね。

 それから生体エネルギーへの影響ということでは、私もまだよく分かっていなかった頃のことになりますが、雰囲気なども含めて薄く汚れているといった印象がどうしても拭えないという方が以前いらして、それは他の方々には全く感じられない特殊な印象でしたので、この方は何かオーラがこういった風に汚れるようなことを特にしていらっしゃるのかなと思っていたといった時期がありました。

 よく分かっていなかった頃のことで当時はそのことがどういうことなのか分からないまま過ごしましたが、後になり、薬というものは生体エネルギーに残ることがあるということやヒーリングでも医薬品などの否定的な影響を除去したり軽減することが出来るということなどを知り、その汚れているような感じが拭えない方のことも投薬による影響だったと知りました。その方は幼い頃から精神の病気に罹り、医師による治療を随分受けていらっしゃる方でしたので、自ら生体エネルギーを汚染しているわけではなくただお薬を飲んで良くなろうと頑張っていらしただけだったのですね。

 医療は生命を維持しようとするためのものでもあるということですが、先日友人的な存在から「ガラスの欠片はここに置いて(先へ)行きなさい」というメッセージをいただいたことがあり、5年後はこのようにして、10年後そして20年後は、、といった風に希望を持ったり、これからどうすれば良いかについて考えるということが最近もよくあります。その存在が仰った"ガラスの欠片"というのは傷のようなもののことと思いましたので、過去の傷のようなものはもうここに置いて進むことが大事といったメッセージは本当に有り難く思います。

 それから最後になりますが、スピリチュアルエンジェルヒーリングでは浄化することに最も重きを置いていらっしゃる方が責任者の天使様となっていらっしゃいますので、スピリチュアルエンジェルヒーリングでも投薬や治療による否定的な影響の軽減や除去を行うことが出来ると思いますので、こちらのヒーリングも是非お受けになってみてください。
posted by Shinhime at 09:17| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

メルマガの補足

 今月22日に日本政府は、安全保障関連法を施行することを定める政令を決定なさったそうですね。前回のメールマガジンにも書きましたように、日本の第二次世界大戦の際に負った傷が癒され、国会の運営もより順調な状態になると良いですね。

 それから補足のようなことになりますが、前回には健やかに生きるためには歪みを無意識へ持ち込まないようにすることということも書きましたが、無意識内に落ちた歪みを放置していると太陽神経叢が調子を崩し、胃や十二指腸といった臓器が病気になるそうです。また、そのようにして胃や十二指腸が病気になることと"歪みを持っている状態に慣れてしまうなどしてしばらく残していると無意識へ落ちて行きそれが病気の原因になったりする"というところの病気とは異なるもので、後者の病気の内容は胃や十二指腸以外のあらゆる病気を含みます。

 それから先日にもメールマガジンを発行しましたが、最後の方に書きました"重力波"はここのところになって広く知られるようになりましたし、私が受け取った"一定のものやレベルを保つことが大事"というメッセージも最近になって知ることになったものでしたが、「減衰しない重力波」や「一定の、、」といった共通するところのある事柄を同時期に知るというのはやはり関連があるからなのでしょうね。

 そして日本の各県にはそれぞれ課題やテーマがあるということを言っていますが、そう言うと千葉県ではここ数年間変容や進化が(意外に思うほど)難航しています。大丈夫と思って拝見していましたが、難航している状態も長引いているようですし、最近になって北海道がもう駄目といった状況になったこともあり、千葉県もそのようなことになりませんようにお知らせした方がよいのかもしれないと思いましたので今日はこのブログに書かせていただきます。

 千葉県のテーマは"誠実に生きること"で、誠実に生きたり、県民が誠実さのレベルを高めて行くことによってより幸福となる県です。これまでおそらく順調だった千葉県の方々には、今では誠実さがそれぞれとても開花していらっしゃり、ご自身への誠実さにかけてはとても高いレベルを実現されましたし、保ってもおられます。ですが、"他者へも誠実に生きようになる"というところで上手く行っていないようです。

 誠実に生きることの(千葉県の方々が実現なさってきた状態)より高い状態は、他者へも誠実に関わり、接するというものです。自分と他者に同時に誠実に生きるというのは単純には行かないことでしょうし、自分のことにだけ誠実さを実現していれば良いと思っている時よりも難しさが生じることもあると思いますが、これからはご自身と他者の両方へ誠実に生きるといった方向へ変容していくということが大事です。

 千葉県の方々を見ていますと、現在はご自身には非常に誠実な方がとても多いため、誠実さを実現する際は、まずは自分のことへそうし、そして次にはそれ以外へとなるものなのかなと思ったことがありますし、千葉県ではたまたまそういった道筋になっているのかもしれないとも思いますが、より誠実に生きるとしたなら他者へもそうなるよう、変容や進化を遂げるということが必要と思います。

 誠実に生きようとするがあまりにご自身のことによりいっそうそのテーマを実現しようとしてしまうためにこうなってしまっているのか、他者へもといったことを思いつかないのか、何故ここまで難航しているのかについては少し定かではありませんが、かなり難航しているようですので、これからは間違いなく成功なさいますようにと思って書かせていただきました。

 最近は大分暖かくなって来ましたね。皆様もお元気にお過ごしください。
posted by Shinhime at 03:12| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする